なな色のにじの橋

結婚・妊活・子育て・離婚。いろんな経験でゲットした生きるヒントを私らしくお伝えするブログ(*‘∀‘) ねっ!幸せのにじの橋を架けようよ!

0歳から読んであげて(*^^*)はじめてのオススメ絵本はコレ!『だるまさんが』シリーズ

神尾奈那です。

 

 突然ですが・・・

絵本って、何歳から読んであげたら良いと思いますか?

0歳でも大丈夫なんですよ。

ぜひぜひ読んであげてくださいね。

 

というのも、今日は赤ちゃんからOKの絵本でおススメしたいものがあるのです。

 

これは、私が幼稚園に勤めている頃はまだなかった絵本。

 

【だるまさんが】かくがいひろし著 ブロンズ新社出版

 

ご存知でしょうか?


 

 

3冊セットでも売られています。

 

とっても人気なので、お子さんに買ってあげたり、

出産祝いなどでプレゼントされたりした方も

すでにいらっしゃるのではと思いますが。

 

絵も言葉もシンプルでわかりやすいし、

単純におもしろい!

 

だから、初めて読んであげる絵本にぴったりなんです。

 

本命として、ぜひ候補に入れてあげてください。

0歳児でも意外としっかり見れますよ!

もちろん読めませんが💦

 

小さい頃から絵本に慣れ親しんでおくと、

絵本が大好きになると思います。

 

だるまさんシリーズはとっても可愛いので、おすすめ読み方もお伝えしますね。

 

「こうして読みなさい!」ではありませんが、参考にしていただけると嬉しいです(*'▽'*)

 

どうせ読んであげるなら、子どもにはしっかり見てほしい!

楽しんでほしい!

そんな思いを叶えるためには、

とにかく、ゆっくり読んであげるのが良いですよ

 

だ る ま さ ん が……(ページをめくる)

みたいな。

 

私が一時乳児保育園にお手伝いに行ってきた時は、

保育士の方たち、

だ(左)   る(右)   ま(左)   さ(右)  ん(左)  が(右)……

と、左右に身体を振りながら楽しそうに読んでいました。

 

それを口をポカーンと開けて、でも、しっかり見ている子どもたち。

 

0歳児には、はっきりした色調、ごちゃごちゃしていないのがベストなので、この本はぴったり!

 

ビヨーンと伸びたり、

つぶれたり、

だるまさんのいろんな状態が出てきて、クスッとしてしまいます。

 

2歳くらいになれば、

プッとおならをするページでは

必ず笑いを取れますよ(^_^)v

 

もうひとつ、この絵本の良いところは、

上の子が下の子に読んであげるのにも最適

ということ。

 

お兄ちゃん(お姉ちゃん)が下の子に読んであげる姿って、かわいすぎて涙が出そうになります。

 

f:id:stayhappy:20201213100802p:plain

 

こうやって兄弟愛も育まれていくと嬉しいですよね。

ママも心が楽になりますし。

 

いろんな角度から見ても、

オススメに値する絵本です。